FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

Dental innovation Vol. 75
dental innovation Vol 75

デジタルデンティストリーの到来!
Ultimate Innovation:”Digital Dentistry”

 医療分野の技術革新は日進月歩の速さである事は、皆様周知の事実であります。
しかし歯科医療の分野では、近年これと言った大きなニュースもありませんでした。
 ところが最近、コンピューター発展の波が遂に我々歯科の分野にも押し寄せて来ました。
 当医院では熟慮の末、数年前より徐々に普及し始めた歯科用CT撮影装置の中でも、広範囲の撮影領域を持つドイツ、カボ社の「3D eXam」と言う高性能CT撮影装置と、更に急速に進化を続ける、歯科領域を超えて顔面・頭部を含めて3次元的に形態・構造、位置関係を分析するコンピューターソフトの「Invivo 5」という診断システムを今回導入、臨床応用を始めました。
 この事により他では不可能であった、顎顔面における理想的な歯・歯列の3次元的位置や、変更すべき治療目標を正確に分析・診断する事が可能となりました。
 また歯科における重要な治療目標に、適正な咬み合せを回復・改善する必要性がありますが、顎関節の位置や構造を正確に分析し、また別に、顎の運動を正確に診断するための「アルカスディグマ」も同時に導入し、通常の歯科医院では不可能な、最先端の顎運動を解析、適正化する治療システムもドッキングする事により、これまでとは異次元の歯科治療が可能となって来ました。
 当医院では長年、全顎的で大規模な総合治療、口腔内を理想的に全てを再構成する特殊な包括的歯科治療を多く手がけて来ました。それは、全顎的に重症な歯周病の患者さんや、咬み合せが悪く食事を楽しむことのできない患者さんの歯列を、全て作り変える。
 或いは治療困難な顎関節症で顎が開かない、痛みを感じる等の症状で困っている患者さんの咬み合わせ治療、単に白く美しいセラミックのクラウンを提供するだけでなく、顔全体から口元、理想的なスマイルを創造する矯正・審美歯科治療等の専門治療など様々な取り組みを行ってきました。
 どんな症例でも常に専門知識と技術を追求し、真剣勝負・試行錯誤・職人的こだわりで努力してきました。今回の改革:「デジタルデンティストリーの導入」は、これまでの経験と勘に頼る職人芸的なスキルだけでなく、客観的データー、エビデンスに基づく可視化した治療基準を正確に与えてくれる仕組みであり、更に高度な技術、確実性のある専門治療を行う事ができるようになりました。
 世の中には、歯科にまつわる問題でお困りの患者さんがたくさん存在します。
是非とも、相談、診断、セカンドオピニオンだけでも歓迎しますので、さぶり歯科に一度ご来院ください。きっとお役にたてる事があると思います。連絡をお待ちしています。

invivo5で表示したCT画像 Invivio5で表示したCT画像


スポンサーサイト
テーマ:歯科治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック