FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

AAP(米国歯周病学会)最新情報 最先端歯周再生治療「GEM21」について
今日はDental Innovation のVol. 23です。
2006年の記事ですが、このAAP(米国歯周病学会)には、
ほぼ毎年参加しています。
今年2008年は、シアトルで開催されました。もちろん
参加しました。

ことしのAAPに関する記事はこちら

Dental Innovation Vol. 23

AAP(米国歯周病学会)最新情報
最先端歯周再生治療「GEM21」について
 本年のAAP(アメリカ歯周病学会)は、2006年9月16日から19日の日程で、アメリカ・サンディエゴ・コンベンションセンターにて盛大に開催され、私も参加いたしました。
今回の注目すべきトピックスは、歯周病再生治療がレベルアップし、使用する材料や術式などのシステムが充実し、これまでは治療結果が不安定であったのに対し、非常に高い予知姓を持って治療に臨めるようになりました。

特筆すべきは、これまで歯周病による骨縁下欠損(垂直的骨吸収)に対する再生治療は、GTR法かエムドゲイン(R)による骨再生法のみでしたが、更に近年欧米では様々な成長因子の研究が発展し、今回GEM21(ジェム21)という新製品が米国市場に発売されました。勿論日本では今のところ厚生労働省の認可が困難で入手不可能ですが、当院ではいち早く臨床に応用すべく準備中です。
 また新しい機械として「ピエゾザージェリー」を用いた外科処置の有用性が多数紹介されました。ピエゾサージェリーとは元来脳外科領域用として開発され、従来のマイクロモーターに変わる超音波発信機式の外科用器具であり、従来より繊細で確実、安全な手術が行える画期的な新しい外科機械という事が出来ます。
 一方インプラント治療については、最新型のデザインや、ナノテクノロジーを応用した微細表面構造を持つ次世代型のインプラントが紹介・新発売となりました。
 当院ではいち早く最先端の技術や特殊歯科材料をいち早く入手し、当医院の患者様に最高の結果を求める最先端歯科治療を提供させていただきます。是非当医院に御問合せ下さい。

AAP(米国歯周病学会)


スポンサーサイト
テーマ:歯科治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック