歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯周病治療 インプラント治療 審美歯科治療
今日はDental InnovationバックナンバーのVol.2です。

Dental Innovation Vol. 2

歯周病治療 インプラント治療 審美歯科治療

 今日では、世界中の歯科医にとっての関心は、歯周病治療と,インプラント治療、審美歯科治療の3点に集約して来ました。歯周病は成人の約80%が罹患し、重症になると歯を失う最大の原因となる恐ろしい病気です。しかし今日では欧米の専門医らの研究により、予防から高度な治療法までが確立し、良い成績の治療が行える様になって来ました。
 一方歯周病を長く放置した為に、残念ながら自然に歯が抜けてしまったり、抜歯をせざるを得ない場合も少なくありません。その様な場合にはインプラント(人工歯根)治療を行うことにより、取り外し式の入れ歯でなく、全く自然な自分の歯を取り戻せる技術が発展して来ました。
 但し、現実には治療の結果には格差(クオリティーの違い)も大きいのが実態です。
 それはいかに自然で美しい仕上がりを達成するかであり、またいかに良い状態を長期間維持するかであるのです。
 そのためには歯科医側の、歯周病治療とインプラント治療、そして審美歯科における専門的技術のオプションを組み合わせた、高度な治療が重要な要件となって来ます。
 オプションには様々な技術がありますが,吸収してしまった骨を増大させたり、歯肉の形を変化させたり、歯並びが乱れていたら歯列矯正で整えたり、全く見比べても分からない程白く美しい歯を作り出す技術が開発されています。
 日本人にはまだなじみが薄いかも知れませんが、欧米人の価値観では「美しい笑顔」が人生にとって最も重要な要素です。歯と美しい口元にこだわることの意味が、今後の日本人にとっての課題ではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。