FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

歯科における再生治療
今日は、Dental Innovation の過去記事 Vol.35 です。

DENTAL INNOVATION Vol.35

歯科における再生治療
Dental Regenerative Therapy


 医学分野のトピックとして、自分の体の組織を再生させる「再生治療」が話題になっています。歯科においても、歯周病で無くなった骨や、歯肉組織を再生させる歯周再生治療と、やせ細った顎の骨を再生させる「骨及び、歯肉組織増大術」が注目されています。


歯周再生治療

 歯周病が重症に進行すると、歯の周囲の歯槽骨が減少します。放置すると抜歯せざるを得ない状況に発展します。GTR法や、エムドゲイン、GEM21などの特殊な成長因子を含む薬剤を用い、外科処置を行うことによって「骨再生」が可能となって来ました。
 また、歯周病で歯肉がやせて歯根が露出し歯が長くなってしまうことがありますが、歯周形成手術と薬剤を併用することにより元の美しい形に整形することが可能です。


歯槽骨増大術

 インプラント治療を行う場合では、十分の顎の骨の量がなければインプラントを植立することができません。その場合骨移植や、再生治療を行うことにより十分な骨を再生することが可能となりました。専門的には複雑な分類と術式があり、これらの技術進歩は近年目を見張るものがありますが、成功率も格段に改善してきました。
 歯周病などで顎の骨が吸収し、無くなってしまった患者さんは、是非ともこの最先端治療である「再生治療」を従来の歯科治療に組み合わせることで、理想的な治療結果を手に入れてください。気になる方は是非一度、診断とカウンセリングにおいで下さい。

GEM21の使用で、失われた骨を  再生できます
GEM21の使用で、失われた骨を再生できます

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック