FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

インプラント治療を受ける場合の重要事項
Dental Innovation Vol.55

インプラント治療を受ける場合の重要事項
Important factors to choose the doctor when receiving implant treatment


■インプラント専門医からの提言!

 歯科治療で注目を集めるインプラント治療、これは素晴らしい治療結果を得ることができる半面、一部ではトラブルも発生し社会問題化する傾向も認められる。
今回、ここに専門家として患者サイドに知っていただきたい情報を提供します。
 まず、インプラント治療を担当する歯科医には技術水準に相当の格差があり、また使用するインプラント製品も様々です。できるだけインターネットなど情報を収集し御自分に適切な担当医を探すべきです。場合によってはセカンドオピニオンとして複数の歯科医と相談することも良い手段となり得ます。治療前に、今日では専門的な診断技術が発展しており、3次元的な骨量や、口の中に存在する全ての歯科的問題を把握してからインプラント治療を計画することが重要となります。専門医は診断結果をまとめ、一口腔単位の理想的な治療計画(設計図)を作成し、患者さまに十分納得ゆくまで説明を行うべきです。
治療上の問題点は、インプラントを必要とする症例は、自覚症状がなくても歯周病を伴うことが大半であり、専門的歯周病治療を同時に行わなければなりません。またインプラントを行う手術部位は歯槽骨が吸収し、より高度な技術を必要とするGBR法(骨増大術)や歯周形成外科を併用する必要性がある場合が大部分です。
従ってより高度な専門治療を応用できる総合力が必要となってきます。最終的に外科的な工程に続き、補綴治療に移行し治療を完了しますが、これにはより精密にクラウン・
ブリッジや義歯作成の技術を駆使し、スキルの高い歯科技工士が質の高い技工物を作成して口腔内に装着します。医院力としてチームワークが高度に機能する歯科医院でしかコンスタントに良い結果を提供することはできません。最後にインプラント治療をお受けになった患者さんは定期的にメインテナンスに通院し、良い状態が長期間継続するように専門的なチェックとクリーニングを生涯続けなければならないし、歯科医院側も高度なメインテナンスシステムを提供する必要性があるのです。

■インプラントを受ける場合の重要事項!
1. 信頼できる適切な医療機関を選択することが重要
2. 専門的診断と総合的治療計画の立案が重要
3. インフォームドコンセント(専門的カウンセリング)が重要。
4. 歯周病専門治療を同時に行うことが重要
5. 大半の症例で骨増大術、歯肉増大術の併用が必要となる。
6. 精密な補綴治療で、審美的で咬み合せの良い仕上がりが重要。
7. 術後のメインテナンスが必要不可欠である。

抜歯と同時インプラント埋入
抜歯と同時インプラント埋入
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック