FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

専門医による歯周病とインプラント治療
Dental innovation Vol.58

専門医による歯周病とインプラント治療
Clinical Periodontics and Implantology by Specialist


歯周病とは細菌性プラーク(歯垢)が原因となり、まず歯肉に炎症(赤く腫れる)を起こし、次に歯周ポケットが深くなり、更に重症になると歯根を支える歯槽骨が吸収してしまい、最終的には抜歯せざるを得なくなる恐ろしい病気です。成人の8割が罹患し、余程重症にならなければ、痛みなどの自覚症状がないために、大半が放置されている現状です。
 日本人の口腔内の健康を向上させるためには、基本的に歯周病の予防と治療を積極的に受けることが最も重要であると思われます。
 現実に歯周病は本格的に専門治療を行う歯科医が少なく、重症患者の場合には、高度の技術と設備を備えた専門医による治療が要求されます。歯周病の専門治療とは、重症の場合には長期間の時間が必要となり、段階的に歯磨き指導から始まり、精密な検査を繰り返しながら、歯石除去、ルートプレーニング、歯周外科(歯周再生治療、歯周形成手術)などを行います。最終的には補綴的に美しく機能的な、セラミックブリッジなどで仕上げてメインテナンスへ移行します。特別な処置として、歯並びが悪ければ歯列矯正治療を行ったり、抜歯をせざるを得ない場合にはインプラント治療を行います。その際十分な骨がない場合には、骨増大術などのオプション治療を駆使することにより、失われた歯槽骨を再生することも可能となりました。治療終了後にも、3カ月毎、6カ月毎のメインテナンスケアーを継続することにより、一旦治った良いコンディションを長期間維持することで、高齢者になっても全て自分の歯で食事を楽しみ、本当の意味でクオリティーオブライフを高め、快適で豊かな人生を送る為に大きく影響します。

抜歯即時埋入インプラントの術式
抜歯即時埋入インプラントの術式
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック