FC2ブログ

歯周病でインプラント治療なら名古屋さぶり歯科

包括治療の重要性 Inter-disciplinary Therapy
Dental Innovation 61


包括治療の重要性
Inter-disciplinary Therapy


 究極の歯科治療の目標は、単に痛みや不快感を除去するだけでなく、1.見た目の美しさを達成し、2.より快適に咬める様に治療し、さらに3.良い状態を長く維持する事が必要です。当医院を受診する患者さんは、多くの場合本人は全く自覚していないが、精密検査を行うと、歯周病、咬み合わせ不良、顎の骨が変形している、以前処置を行った部分が壊れている、等の多くの問題が併発している事が非常に多く認められます。
 勿論全ての問題を同時に解決するためには、複雑で専門的な技術が必要となり、相当の治療期間と費用が必要となります。精密な検査を行って全ての問題点を把握する事は重要ですが、現実にはあえて積極的な治療は行わないで、専門的メインテナンスだけを続けて、どうしても必要な時期になったら本格治療に移行するという選択も重要となって来ます。
 完璧な口腔内の健康を求めると、歯周病治療、インプラント治療、矯正治療、修復治療の専門技術を組み合わせた包括治療が必要です。つまり、外科的処置と矯正治療、クラウン‐ブリッジによる修復治療を組み合わせた総合治療の必要性が生じます。
 当然誰でも手術を含む大掛かりな治療は避けたいと思います、しかしながら当医院では、これまで相当複雑で重症な問題がある患者さんを多く手がけて来ましたが、どなたも悩んだあげく決断し、最終的には満足の行く理想的な口腔内を手に入れることができました。  
 更に「美しいスマイル(笑顔)」が蘇るということは、人生全般が成功するためにも重要な要素であると私は考えます。

■包括治療(Inter-disciplinary Therapy)の流れ
1. 初診・応急処置
2. 精密検査
3. カウンセリング     (個別の希望などについての相談)
4. 治療計画の立案と契約  (治療方法・期間・費用の相談)
5. 歯周病の基本治療    (ブラッシング指導、歯石除去、仮歯等)
6. 特殊な専門技術     (歯周外科・インプラント・特殊矯正治療)
7. 精密修復治療      (審美的精密セラミック修復治療等)
8. メインテナンス     (治療終了した状態の長期的維持管理)
基本的には年単位の治療期間が必要で、上記の手順で、段階的に治療を進めていきます。

マイクロスコープ
マイクロスコープを使用した精密な治療

スポンサーサイト
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック